iPhone・携帯専用ページ

Freemindで、シンプルマッピング

2009年1月18日 08:41 PM

Freemindも、フォントをメイリオに変更して、ずいぶん気にいって使っていますが、今回は、Freemindのある活用法をメモしておきます。

最近、A6のノートや手帳を買って、手書きマインドマップを書いていますが、「シンプルマッピング」という方法というか、考え方を取り入れてやっています。


たった100円で願望実現! A6ノートで思考を地図化しなさい マインドマップを超える超簡単ノート術「シンプルマッピング」
たった100円で願望実現! A6ノートで思考を地図化しなさい マインドマップを超える超簡単ノート術「シンプルマッピング」

それで、僕の場合、たぶん手書きのマインドマップより、PCで入力した方が、速いというかスムーズなんですよ。
手書きだと、漢字がわからなくて、頻繁に手が止まってしまったり・・・(笑)
パソコンだと、漢字に変換してくれますからね。

そこで、「Freemind」の出番なんです。

Freemindは、サクサク入力できるので、シンプルマッピングには、本当に適しているソフトだと思っています。

そこで、Freemindと、シンプルマッピングの融合に、Freemindのある機能が、とても役立ちます。

それが、今回のメインでもあります。(前置き長っ!)

マインドマップを、デザインとか、イメージ(絵)などを無視して、とりあえずジャンジャン、アウトプットしていくスタイルで、マッピングしていきますが、広がり過ぎて、まとまりがつかないというか、見にくくなる場合があると思います。

そんな時に、Freemindのエクスポート機能を使うと、広がりすぎたMAPを新しいマップに、「書き出す」といい感じになります。

Freemindのエクスポート機能

別のマップとして、再構築するようなかんじですね。
ショートカットキーを設定しておくと、1キーで、書き出してくれます。

しかも、Freemindでは、その作業を一瞬で行なってくれて、さらに、2つのMAPをリンクでつないでくれるんです。

なので、元のMAPと、新しく書き出したMAPを、1クリックで行ったり来たりすることが可能なんですよね。

というわけで、このエクスポート機能をつかうと、Freemindで、シンプルマッピングをフルに活用できるのでは?と思って、ジャンジャン♪アウトプットしていっています。

マインドピースや、imindmapでは、これができないから。

と思ったら、imindmapがバージョンアップし、このFreemindのエクスポート機能のような書き出し&リンクができるようになるみたいなんですよ。

imindmapは、ずっと気になっているマインドマップソフトで、一時は、手書きマッピングで、imindmapが気になる気持ちを抑えようと思っていたのに、バージョンアップの話を聞いてしまって、またまたimindmapが気になる存在になってしまった・・・。(^^ゞ



Buzan's iMindMap日本語版スタンダード・エディション
Buzan's iMindMap日本語版スタンダード・エディション


この記事のタグ

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

RAB☆KOBAYASI TARO.com:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.kobayasitaro.com/m/
上のQRコードから読み取るか、
URLをケータイに送信してアクセスしてください。

 mail address

「最新情報をお届けいたします。」
1クリックで解除できますので、
お気軽に、どうぞ♪

QLOOKアクセス解析 dummy dummy dummy