iPhone・携帯専用ページ

iPhone ヘッドセットの巻き方1

2009年4月30日 04:28 AM

前回紹介しました、iPhoneのケース「CAPDASE」ですが、
なにより、気に入った点が、
iPhoneヘッドセット(ヘッドホン)を巻き付けられることです。

iPhoneは、外出時のヘッドホンの取り扱いが難しい?
と感じていたので、このケースは、僕の要望に応えてくれています。^^

では、早速、僕の独自の方法を、ご紹介します。

まず、出来上がり方から↓

iPhoneケース「CAPDASE」ヘッドセットの巻き方1-1

iPhoneケース「CAPDASE」ヘッドセットの巻き方1-2

こんな感じになります。
この状態だと、カメラも使えますし、クリップの装着もできます。

では、ヘッドホンのコードの巻き方を、説明していきます。
写真を見てもらったら、大体の雰囲気は伝わりますよね。

iPhoneケース「CAPDASE」ヘッドセットの巻き方1-3

ここからのスタートが、ポイントです。↑

iPhoneケース「CAPDASE」ヘッドセットの巻き方1-4

iPhoneケース「CAPDASE」ヘッドセットの巻き方1-5

iPhoneケース「CAPDASE」ヘッドセットの巻き方1-6

iPhoneケース「CAPDASE」ヘッドセットの巻き方1-7

ここまでくると、iPhoneの上の方へ移動します。

iPhoneケース「CAPDASE」ヘッドセットの巻き方1-8

ヘッドセットのマイクが、大体この辺りが、ベストです。
iPhoneの側面ですね。

iPhoneケース「CAPDASE」ヘッドセットの巻き方1-9

そして、ここが、この巻き方のミソ!!
ホックで、ヘッドセットを止めてしまうんです。

なので、開始位置や、iPhone上部に上がってくる時の
ポジションが重要になってくるんですよ。

iPhoneケース「CAPDASE」ヘッドセットの巻き方1-10

「パチッ!」
これで、ヘッドホンが外れる、ほどけることが少なくなります。
いい感じでしょ?

iPhoneケース「CAPDASE」ヘッドセットの巻き方1-11

こんな感じになって、iPhoneの操作も、問題なくできます。

iPhoneケース「CAPDASE」ヘッドセットの巻き方1-12

実は、カメラを気にしなかったら、
もっと簡単に巻き付けられるのですが、
それが、意外と難儀なんですよ。

なので、わざわざややこしい巻き方に・・・(^^;

iPhoneケース「CAPDASE」ヘッドセットの巻き方1-13

ただ、このように、裏面にコードがあるので、
iPhoneの扱い次第で、コードのまきつけが、
弱くなってくる場合があります。

それに、

iPhoneケース「CAPDASE」ヘッドセットの巻き方1-14

このように、カメラにきわどくコードが進出する場合もあります。
この写真のような状態では、カメラも問題ないのですが、
やや、気になったりも・・・

で、いろいろ考えた結果、
違うパターン、コードの巻き付け方を、編み出しました。
(そんなオーバーな・・・(^^ゞ)

で、次回、その方法を紹介します。

ただし、ケースを若干カスタマイズするので、
今回の巻き方の方が無難なんですけどね。(^^ゞ

しかし、このiPhoneケース、かなり気に入っています。


≫ このiPhoneケースの注文は、こちらからできます。


※ 2010/02/22 追記
今は、このiPhoneケースにしています。


この記事のタグ

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

RAB☆KOBAYASI TARO.com:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.kobayasitaro.com/m/
上のQRコードから読み取るか、
URLをケータイに送信してアクセスしてください。

 mail address

「最新情報をお届けいたします。」
1クリックで解除できますので、
お気軽に、どうぞ♪

QLOOKアクセス解析 dummy dummy dummy