iPhone・携帯専用ページ

MindManagerで、ブレインダンプ

2009年12月18日 12:05 PM

マインドマップソフトを一本化するにあたって、
1つ問題がありました。


それは、ブレインダンプ


ブレインダンプといって、アイデアなどを、順序関係なく、
出しまくる作業なんですが、これに、今までは、
マインドピースを活用していたのです。

それを、MindManagerに移行できないか、いろいろ試行錯誤しました。


MindManagerにも、ブレーンストーミング機能があるので、
それで、ブレインダンプすればいいじゃん。
という話なんですが、実際に、ブレインダンプしてみると、
なかなか、しっくりこない部分があったんですね。


それは、MindManagerのブレーンストーミング機能は、
アイデアの配列が、並べられる順序が、バラバラなんです。

なので、時系列に並んでいないので、
「このアイデア(キーワード)は、どんな流れで出てきたのか?」
ということが、わかりにくい!という問題が出てきました。

なので、このブレインダンプという作業のみ、
マインドピースを活用するようなスタイルでやってきたわけなんです。


ただ、マインドピースは、デスクトップ検索に引っかからないし、
画面のサイズという概念があるので、余分な設定変更が、間に入る、
というところが、ちょっと気になる部分でもあったのですね。
(あと、量が増えると、重くなるということも)

でも、MindManagerでは、その問題は、クリアできているので、
なんとか、MindManagerで、ブレインダンプができないものかと・・・


でも、これが、できたんですね~。
僕の理想的な形で。

それは、
MindManagerのブレーンストーミング機能を使わず、
「フローティングトピック」という機能で、解決しました。

フローティングトピックは、マインドマップに入れないトピック、
いえば、付箋的な活用方法みたいな感じです。

そのフローティングトピックを1つ作成してから、
Enterキーを押していくと、どんどん、下に、アイデアを並べることもできます。

しかも、動作が軽快だし、どんどん下に下に、アイデアを出していくことができる。


めちゃ、理想的なわけなんです。

それに、デスクトップ検索にも引っかかるので、
保存という意味でも、活用できます。

具体的には、

新規作成すると、【マインドマップの中心】が始めからありますが、
それは、無視して、
横の方に、フローティングトピックを作ってから、
ブレインダンプをスタートさせます。


さらに、
横の方に無視していた【マインドマップの中心】に、
出したアイデアを、ドラッグ&ドロップしていくだけで、
簡単に、整理することができます。


ブレインダンプが、MindManagerでサクサクできるようになって、
マインドマネージャに一本化することになりました。

なので、最近、MindManagerしか、使っていません。


MindManager、無くてはならないソフトに、なりつつあります。

この記事のタグ

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

RAB☆KOBAYASI TARO.com:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.kobayasitaro.com/m/
上のQRコードから読み取るか、
URLをケータイに送信してアクセスしてください。

 mail address

「最新情報をお届けいたします。」
1クリックで解除できますので、
お気軽に、どうぞ♪

QLOOKアクセス解析 dummy dummy dummy