iPhone・携帯専用ページ

iPhone 写真の取り込み方法3

2010年12月19日 05:38 PM

iPhoneを使い始めて、写真を撮ることが多くなりました。

それで、写真を取った後、PCに取り込む時、どうするか。
基本的には、今でも、このやり方で、
iPhoneから、写真を取り込んでいます。

iPhone 写真の取り込み方法

そして、iPhoneからは、写真を削除し、PCに保存する。
というスタイルでやっています。

ただ、iPhone上に、写真を残したい時、
この方法だと、フォルダを移動し、
iTunesを経由させ、同期する必要があるんですね。

ちょっと、手間です。

それで、EVERNOTEを活用し、写真をPCに取り込みつつ、
iPhoneに画像を残す方法を試しました。

iPhone 写真の取り込み方法2(EVERNOTE)

でも、しばらく、EVERNOTEを活用していたのですが、
写真の画像ファイルを、EVERNOTEで転送すると、
容量が結構いってしまいます。
というのは、EVERNOTEは、月に転送できるデータ容量が、
決まっているということなんですね。
いえば、制限があるわけなんです。(^^;

画像ファイルを、ちょくちょく転送していると、
EVERNOTEの転送量が、結構なペースで、増えていくので、
ちょっと、どうしたものかと・・・

ということで、新たな方法を模索したら、
いいものがありました。

それは、「Dropbox」です。

前々から、PCやiPhoneにインストールしていたものの、
iPhoneでは、活用できていなかったものです。

そのDropboxで、写真を転送すると、
PCと同期され、取り込むことができます。
そして、iPhoneにも、写真が残ります。

Dropboxだと、はじめから、2GB、無料で使えますし、
EVERNOTEのように、月の転送制限も、ないはずです。

あと、使い勝手も、いいので、
iPhoneに残しておきたい写真は、Dropboxに入れておくと、
いいかもしれません。

iPhoneの写真を、Dropboxで使うには方法が、2つあって、
1つは、Dropboxにアクセスしてから、写真を撮る。

すると、そのまま、Dropboxに保存され、PCを起動した時に、
自動的に、同期してくれます。(PCに画像を取り込み)

もう1つは、iPhoneの写真アプリ(標準)で撮った写真を、
あとから、Dropboxに、保存し直す方法。

EVERNOTEでも、同じような使い方になるんですけど、
Dropboxの方が、楽に使えるかもしれません。

ということで、

iPhoneに、写真を残さない時は、
一気に、PCのソフトで、取り込み、
iPhone側の写真は、削除。

iPhoneに、写真を残したい時は、
Dropboxに写真を保存すると、
PCにも、転送され、iPhoneにも残る。

今は、この2つの方法で、
iPhoneの写真・画像の管理をしています。

Dropboxは、PCとiPhone、両方にソフトをインストールすると、
使えるようになります。


下記のリンクから、登録すると、
ボーナスとして、250MBの容量が追加されるので、
Dropboxを、まだダウンロードしていない人は、どうぞ♪
2GB+250MB


Dropboxのダウンロード


あと、PCに、Dropboxをインストールしてから、
タスクバーのDropboxアイコンを、右クリックし、
「Launch Dropbox Website」をクリックし、
DropboxのWEBサイトに行き、
上部のタブに、「Get Started」というところがあります。

そこを、クリックし、表示すると、6つの項目が用意されてて、
全部クリアすると、さらに、250MBプラスされるんですよ。

そんなに使うかどうか、わからないけど、
容量も、すこしでも多い方が、なんかいい気がしたり。^^

.

Dropboxのダウンロード

.

▼その他の関連記事

≫ iPhone 写真の取り込み方法1

≫ iPhone 写真の取り込み方法2

この記事のタグ

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

RAB☆KOBAYASI TARO.com:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.kobayasitaro.com/m/
上のQRコードから読み取るか、
URLをケータイに送信してアクセスしてください。

 mail address

「最新情報をお届けいたします。」
1クリックで解除できますので、
お気軽に、どうぞ♪

QLOOKアクセス解析 dummy dummy dummy