RAB☆KOBAYASI TARO.com

iPhone 写真の取り込み方法



携帯電話を、iPhoneにしてから、写真をよく撮るようになりました。
以前の携帯のカメラがしょぼすぎたのもありますが、
iPhoneになってから、パソコンに写真を取り込むのが、
非常にやりやすくなったから、という理由もあります。

iPhoneに写真を取り込む方法も、いろいろな手段があると思いますが、
今、実際にしている方法を、紹介しておきます。

まず、画像を取り込むソフトには、「Windowsフォトギャラリー
という、Windows vistaに入っていたソフトを使います。

このソフトには、「自動取り込み」機能と、
自動削除」機能があるんです。

なので、あらかじめ設定しておくと、
iPhoneをパソコンに接続すると、勝手に、画像を取り込み、
自動的に、iPhone側の画像を削除してくれます。

なので、iPhoneに、写真が溜まりすぎことがなく
スッキリとした状態を保てます。

「でも、保存したい写真がある時は?」

写真を保存したい時は、専用のフォルダを作成して、
そのフォルダを、iTunesで、シンク(同期)の設定をしておく。

すると、iPhone側に、「フォトライブラリ」という
別のフォルダが作成され、そこに、保存されます。

さらに、そのシンク用のフォルダ内に、
新しい別のフォルダを作成すると、
また別のフォルダが、iPhone側に作成されるので、
細かくグループ分けまで、できてしまうんです。
(個人的には、そこまでしてないけど)

僕は、iPhoneより、PCで画像を管理したいので、
この方法が、気に入っています。

iPhoneに、取った写真を残しておきたい場合は、
Windowsフォトギャラリー」の設定で、削除しないようにも
できるので、その人のスタイルに合わせることもできますね。

「Windowsフォトギャラリー」の設定は、このようにしておくと、

Windows フォトギャラリーの設定

まさに、自動的に、サクサクインポート後、
iPhoneから削除して、ソフトのサブウィンドーが閉じられます。

.

P.S.Googleの画像管理ソフトのPicasaでも、
同じような設定ができると思っていたけど、わからなかった。

Windows XPでは、iPhoneを接続してから、
エクスプローラーで、「コンピュータ」を開き、
iPhoneを選択し、プロパティを開く。
そして、「イベント」タブで、

・イベントを選択してください → 「カメラに接続されます」
・動作 → 「次のフォルダにすべての画像を保存する」

参照で、フォルダを選択し、

□今日の日付を名前にしたサブ フォルダを作成する
□保存後に画像をカメラから削除する

の2つに、チェックを入れると、上で紹介したように、
iPhoneをPCに接続すると、自動で、画像を読み込み、
削除してくれます。

.

また、今回のような方法とは、
ちょっと違うやり方も、アップしました。

≫ iPhoneの写真を取り込む方法2

≫ iPhone 写真の取り込み方法3






iPhoneに、着メロを設定

iPhoneケースを、カスタマイズ♪


メニューへ


(C) RAB☆KOBAYASI TARO.com

PCサイトで表示

QLOOKアクセス解析