RAB☆KOBAYASI TARO.com

iPhoneのカレンダーをOUTLOOKで



最近、めっきりiPhoneネタばかりなんですが、
まぁ、ぼちぼち落ち着いてきたんで、今回あたりで最終回?

今回は、iPhoneのカレンダーの活用方法です。

正直、iPhoneのカレンダーは、あんまり利用することもないかな?
と思っていたんですが、せっかくなので、少し活用していこうと
思うようになりました。

普段のスケジュール管理は、マイクロソフトの「OUTLOOK」を
利用しています。

OUTLOOKでは、結構、こまごまと予定やタスクを書き込んでいて、
予定表だけというより、1日の行動リストというか、
1日の記録としても活用しているので、ぎっしり詰まっているんです。

なので、そんなOUTLOOKの予定表を、
iPhoneのカレンダーと同期してしまうと、非常に使いにくいですし、
容量も圧迫してしまうと・・・。

なので、iPhoneのカレンダーは、放置していたんです。

でも、大事な予定などは、iPhoneのカレンダーに記入しておくと、
外出時の確認には、やっぱり便利です。

というわけで、いろいろと考えた結果、
iPhoneのカレンダーも活用することにしました。


では、以下がその手順・方法になります。
--------------------------------------------------------------

iPhoneのカレンダーと同期するのに、OUTLOOKの機能を使います。

まず、OUTLOOKの予定表で、別のフォルダを作成します。

画面左上の予定表を右クリック→フォルダの作成

いえば、「もう一つの予定表」を作成するという感じです。
僕の場合は、そのフォルダ名を、「iPhoneカレンダー」としました。

その2つの予定表(OUTLOOK)は、「並べて表示」「重ねて表示」が、
できるので、メインの予定表からiPhone用に、簡単にコピペできます。


次に、
iTunesで、そのフォルダ(iPhoneカレンダー)だけを同期設定します。


これで、iTunes経由には、なってしまいますが、
iPhoneと、OUTLOOKの同期ができるようになりました。

予定表をみっちり同期したい場合は、Googleカレンダーなどの
WEBサービスを活用した方がいいかもしれませんね。
僕の場合は、今回の方法で十分なんで、これでOKです!


あと、
iPhoneと同期した時に、2つのカレンダーができる場合があります。

今回の場合でしたら、
iPhoneカレンダー(作ったヤツ)」と、「カレンダー」。

この場合は、iPhoneの設定で、規定のカレンダーを選択すると、
1つになりました。
僕の場合だったら、「iPhoneカレンダー」を規定に設定。


iPhoneは、複数のカレンダーも管理できるんですね。
なかなか、iPhoneもやり手です。


というわけで、iPhoneのカレンダーを、活用することになりました。
OUTLOOKも、いろいろとできるんですね。なかなか便利です。



ヘッドセットで、Amivoice改善?

iPhoneに、着メロを設定


メニューへ


(C) RAB☆KOBAYASI TARO.com

PCサイトで表示

QLOOKアクセス解析