RAB☆KOBAYASI TARO.com

文字変換取り消し後のカーソル位置



先日から、文字を入力をしていると、すごく違和感を感じていました。

何でかな?と思っていたら、どうやら、
文字を変換し、確定する前に、Back Spaceで、変換を取り消した場合
カーソルの位置がおかしいみたいなんです。

う〜ん。説明しにくいですね〜。(^^;

以前だったら、変換を取り消した後は、カーソルが一番後ろにきていたような気がするのですが、初めの文節の所にきてしまうんです。

言えば、以前は、カーソルが一番後ろだったのに、
今は、カーソルが前の方にある、という感じなんです。

これ、習慣のせいか、すごく違和感があります。

僕は、ATOK2007を使っているので、設定を見直すことにしました。

プロパティ→特殊 設定一覧
を見ていくと、何やら、「あやしい項目」を発見!!

「変換取り消し後のカーソル位置を保持する」

ATOK2007 変換取り消し

この項目に、チェックが入っていたので、チェックを外して、
変換取り消しをしてみると、みごと!
カーソルが一番後ろにきてくれるようになりました。

ひょっとすると、この設定をONにした方がいいのかもしれませんが、
僕の場合、カーソルが一番後ろにきてくれる方がしっくりきますね。

最近、設定をいじってなかったので、おかしい現象なんですけどね。

なにわともあれ、無事に、ATOKの設定が戻って良かったです。

フ〜〜



マインドマップで、文書を作成する時

ヘッドセットで、Amivoice改善?


メニューへ


(C) RAB☆KOBAYASI TARO.com

PCサイトで表示

QLOOKアクセス解析