RAB☆KOBAYASI TARO.com

マウスを使うことをやめました。



今まで、ノートPCの横に、マウスを置いて、作業していたのですが、
この度、マウスの使用をやめることになりました。

前々から、マウスのスペースが気になっていたし、
ノートPCには、タッチパッドが付いているので、それを活かしたいと。

実は、数年前から、そう思っていたのですが、
なかなか、タッチパッドに移行できずにいたのです。

それは、使用していたマウスには、
カスタマイズできるボタンが2つ付いていて、
自由に、キーを割り当てることが出来、これが、かなり便利だったから。

僕の場合は、「Enter」と、「Back Space」を割り当てていました。

その2つのボタンは、親指で、クリックするようになっていますので、
キーボードと、マウスで、すっごく作業効率がよくなっていたのです。


ただ、外出時は、マウスを持っていかないので、
タッチパッドでの操作になっていたし、
普段では、ノートPCの右横にノート手帳(A6)をおいて、
メモしやすい環境を作りたかった。(マウスのスペースに手帳を)

なので、マウスの使用をやめて、
ノートPCのタッチパッドに、変更することを、前々から望んでいました。


だけど、タッチパッドにすると、作業効率が著しく低下してしまう。
というか、動かしにくいんですよね。
移動距離も短いし。
デュアルディスプレイにしているので余計に感じます。


でも、出会ってしまった。
それらを解消していまうソフトを。


それは、「NewtonPad」というソフト。


このソフトのおかげで、マウスの使用をやめることにしました。

というか、結構前から、マウスをやめてて、
今は、ノートPCの右横には、A6ノートを置いています。


このNewtonPadを導入すると、
タッチパッドのマウス操作に、慣性がつき、
ポインタ移動がかなり楽になりました。

それに、マウスの2つのボタンを上回るショートカットキーを、
割り当てることが出来るんですよ。

こういうの大好き。

タッチパッドに触れながら、キーボードを押すことによって、
いろいろなキー操作を行なうことができます。

EnterやBackSpaceだけでなく、ダブルクリックやカット&ペーストまで、
いろいろなことが出来ちゃいます。

なので、最近、Ctrl+Cとか、Ctrl+Vなどの従来のショートカットキーを、
あまり使わなくなってきました。

ただ、カスタマイズ方法は、テキストエディタで行なうので、
ちょっと、ややこしい印象があるかもしれません。
だけど、始めだけで、すぐに慣れるとは思いますが。


で、僕は、右手で、タッチパッドを操作するので、
始めに、割り当てられているクリック系キーを、逆に、カスタマイズ。
S、D、F、の方に、変更しました。

あと、「リフトレス・タップ機能」というのも、
なかなかうまく使えなかったので、この機能は、オフに。


それでも、かなり満足しています。
慣性と、ショートカットキーだけでも、
十分に活用できる素晴しいソフトだと思います。


いや〜、ノートPCを使っている以上、
このソフトは、手放せないかも。


ノートPCの人は、一度、試してみるといいかもしれませんよ。
僕みたいに、はまってしまう可能性大です。


≫ 「NewtonPad」の詳細・ダウンロードは、こちらから



iPhoneのヘッドセットを交換

iPhoneで、マインドマップ


メニューへ


(C) RAB☆KOBAYASI TARO.com

PCサイトで表示

QLOOKアクセス解析