RAB☆KOBAYASI TARO.com

MindManagerで、ブレインダンプ



マインドマップソフトを一本化するにあたって、
1つ問題がありました。


それは、ブレインダンプ


ブレインダンプといって、アイデアなどを、順序関係なく、
出しまくる作業なんですが、これに、今までは、
マインドピースを活用していたのです。

それを、MindManagerに移行できないか、いろいろ試行錯誤しました。


MindManagerにも、ブレーンストーミング機能があるので、
それで、ブレインダンプすればいいじゃん。
という話なんですが、実際に、ブレインダンプしてみると、
なかなか、しっくりこない部分があったんですね。


それは、MindManagerのブレーンストーミング機能は、
アイデアの配列が、並べられる順序が、バラバラなんです。

なので、時系列に並んでいないので、
「このアイデア(キーワード)は、どんな流れで出てきたのか?」
ということが、わかりにくい!という問題が出てきました。

なので、このブレインダンプという作業のみ、
マインドピースを活用するようなスタイルでやってきたわけなんです。


ただ、マインドピースは、デスクトップ検索に引っかからないし、
画面のサイズという概念があるので、余分な設定変更が、間に入る、
というところが、ちょっと気になる部分でもあったのですね。
(あと、量が増えると、重くなるということも)

でも、MindManagerでは、その問題は、クリアできているので、
なんとか、MindManagerで、ブレインダンプができないものかと・・・


でも、これが、できたんですね〜。
僕の理想的な形で。

それは、
MindManagerのブレーンストーミング機能を使わず、
「フローティングトピック」という機能で、解決しました。


フローティングトピックは、マインドマップに入れないトピック、
いえば、付箋的な活用方法みたいな感じです。

そのフローティングトピックを1つ作成してから、
Enterキーを押していくと、どんどん、下に、アイデアを並べることもできます。

しかも、動作が軽快だし、どんどん下に下に、アイデアを出していくことができる。


めちゃ、理想的なわけなんです。

それに、デスクトップ検索にも引っかかるので、
保存という意味でも、活用できます。

具体的には、

新規作成すると、【マインドマップの中心】が始めからありますが、
それは、無視して、
横の方に、フローティングトピックを作ってから、
ブレインダンプをスタートさせます。


さらに、
横の方に無視していた【マインドマップの中心】に、
出したアイデアを、ドラッグ&ドロップしていくだけで、
簡単に、整理することができます。


ブレインダンプが、MindManagerでサクサクできるようになって、
マインドマネージャに一本化することになりました。


なので、最近、MindManagerしか、使っていません。


MindManager、無くてはならないソフトに、なりつつあります。


MindManager 8 日本語版



MindManagerが、時計回りで、なくなった時

MindManagerで、プロジェクト管理


メニューへ


(C) RAB☆KOBAYASI TARO.com

PCサイトで表示

QLOOKアクセス解析