RAB☆KOBAYASI TARO.com

ノート用具 2009



昨年から、A6ノートを活用していますが、
今回は、実際に使っているノート用具を紹介しつつ、
実践的なノート活用方法まで、いけたらと思っています。

まず、A6ノートを活用する上で考えたのが、
携帯・持ち運びのしやすさです。

ペンと、ノートを一緒に持ち運べたら・・・

ということで、これをまず導入しました。




コクヨS&T カバーノート(システミック) 2冊収容タイプ A6 黒 B罫 48枚 ノ-659B-1



このノートカバーは、ポケットが付いているので、
僕の希望にピッタリ!
結構探したけど、こういうスタイルのカバーは、
他に見当たらなかったです。

マインドマップ手帳とセットになっていたノートも、
このカバーにセットして、使っていました。


で、次は、シャーペン

これは、家にあったもので、特に、変わったものではありません。

ただ、シャーペンの芯を、「HB」から、「F」に、変更しました。
ちょっと、HBだと濃い感じがしていたので、
ちょっと、薄めに変更。

あと、消しゴムも、ちょっと面白そうなのがあったので、
それを、使っています。

消しゴム「アインクリック」

消しゴム「アインクリック」


この消しゴムは、スティック型で、三角になっているのが、
特徴的で、なかなか使いやすい。

そして、シャーペンだけだと、「カラー」が寂しい。
あと、マインドマップ的にも、カラーは、あった方がいいだろう。
ということで、いろいろと検討した結果、これに落ち着きました。


マルチ8セット


このマルチ8は、いいですね〜。
1つで、8色使える色鉛筆です。

色鉛筆なので、字を書くと、薄い感じがしますし、
芯を削る必要も出てきます。(芯を削る物も付属しています)

ただ、芯を削るのは、手間ですし、(^^ゞ
字は、色によっては、見にくいので、
色を付ける装飾専用にしています。

あと、始めは、このマルチ8に、HBの芯を入れてましたが、
上記の理由もあって、別にシャーペンを導入することにしたんです。

最後に、実際に書くノートなんですが、

マインドマップ手帳についていたノートを使い終わった後、
この文庫本ノートというものを、使うようになりました。


文庫本ノート A6無地 一覧


これは、いいですね〜。

マインドマップノートよりも、やや書く面積が大きいですし、
紙質もそんなに変わらない。

しかも、安い!

これは、たくさんアウトプットしようと思うと、
大きいかもしれないですね。

高価な物だったら、使い渋ることもあるので。(^^ゞ

あと、僕自身、在庫がないと不安になるタイプなので、
数を持っておくためには、この文庫本ノートは、最適です。

ページ数も多いし。

どんどん、遠慮無く、アウトプットできます。

無地もあるので、マインドマップに向いていますね。

さらに、シンプルマッピング風に、A6見開き2ページでの
活用をしてみると、結構しっくりくる部分がありました。

それは、普通のノートっぽく、
左端から、箇条書きっぽく書き込めること。
普通に、メモとしても使えること。


わざわざ、話すことでもないのですが、
マインドマップに縛られない使い方が、割としやすいかなと。

マインドマップノートのように、A6横向き1ページの時は、
そういう使い方ができなかった。
できるんだろうけど、やりにくかったんです。

でも、このA6見開き2ページスタイルだったら、
昔(学生時代)のノートを思い出すかのように、
すらすらと、違和感なく、使えたりもします。

2ページ見開きと、併用したり、
3本線ノート術」や「苫米地ノート術」的にも、活用できるので、
結構、幅広い使い方ができることに、気がつきました。

というわけで、

当分、このノートスタイルで、いくことにします。


あと、

実は、もう一点、ノートに関して、検討した部分があったので、
それは、別の機会に。

次回は、「文庫本ノート」について。



文庫本ノートの魅力

ノートの活用方法を見直す


メニューへ


(C) RAB☆KOBAYASI TARO.com

PCサイトで表示

QLOOKアクセス解析