RAB☆KOBAYASI TARO.com

人と共有するノート



前回までのノート活用方法は、個人的な利用の範囲でした。

ただ、ミーティングや会議など、
人と共有(コミュニケーション)する場合

ノートなど、紙に書き出した方が、
しっくりくる場合が多いのでは?
と、最近よく思います。

その場合、マインドマップも、いいでしょうし、
それ以外でも、チャートや図を使った方が、話がしっくりくる。

あと、横道にそれないために、紙に書きだしておくと、
焦点がずれずに、話を進めていくことができます。

まぁ、ホワイトボードなんかがあったらいいんでしょうが、
あとに、残すためには、紙に書き出す方がいいかなと、
現時点では、思ったりしています。


この場合、個人利用のA6ノートでは、正直、小さすぎます。(^^;

なので、自分以外の人が絡む場合は、
別の紙やノートを使った方がいい、ということに。

今までは、A4用紙を使うことがありましたが、保存が・・・。

バインダーなんかに、まとめたりもしていたのですが、
なんか、しっくりこなかったんです。
(面倒だった?)

それで、何も無しのまま、話を進めたり
というのが、現状でした。


今回、個人的なノートの活用方法を検討していた時、
実は、A5サイズも、考えにあったのですね。

それは、人との共有も視野に入れていたので。

大きさの面で、A6に落ち着いたのですが、
人と共有する場合、A5なら、まぁ、ギリギリいけるかな?
という考えもありました。

A5の見開き2ページの状態で、A4サイズになるので、
サイズ的には、良かったのですが、
人と共有するのは、ちょっと、見ため的に・・・(^^ゞ


ということで、A4の大きいノートを、
別に、人と共有する用に、用意すればいいじゃないか、
という方向性になったのです。

個人利用=A6
人と共有=A4


そこで、探していたら、良さそうなものと出会いました。





マルマン A4 ノート
ニーモシネ 無地 N181 ブラック





マルマンのA4ノートのニーモシネ
なかなか、いい雰囲気♪

これなら、人と共有する時、テンションが上がりそう。(笑)


ということで、
当分の間、

個人利用=A6
人と共有=A4


という、ノート活用スタイルでいこうと思います。






Bluetoothヘッドセットがついに

文庫本ノートの魅力


メニューへ


(C) RAB☆KOBAYASI TARO.com

PCサイトで表示

QLOOKアクセス解析