RAB☆KOBAYASI TARO.com

Dvorakjの魅力と活用法



前回、入力方法を、DvorakJに変更した話をしました。

今回は、DvorakJを実際に使ってみての感想をベースに、
DvorakJの魅力と、活用法を、いってみたいと思います。


DvorakJのダウンロードページ : Vector


DvorakJは、とても、親切に、いろいろな配列のテンプレートが
用意されているので、好みのテンプレートを選択すると、
すぐに、使うことができるようになります。

ただ、僕の場合は、自分で設定したい方なので、
テンプレートを作成しました。
そういうことができる自由度も、DvorakJの魅力です。

独自のテンプレートは、親指ひゅんQ時代に自作した配列を
ベースに、作成しました。

自作した配列は、ローマ字入力を元に、考えました。

でも、今回は、
DvorakJとの出会いで、「下駄配列」というものを知り、
その、下駄配列をベースにして、テンプレートを作成したのです。


親指を使った親指シフトから、
親指以外の4本の指で、同時打鍵する下駄配列風に。

変更してみて感じたのは、「楽」ということ。
親指を使った同時打鍵って、
結構、力が入ってしまっていたのだなぁ、と気がつきました。

これで、パソコンを買い換える時、
「無変換」と、「変換」の位置を、気にしすぎないでいけます。


まだ、入力に慣れていないので、スピードは遅いですが、
この配列で、慣れてしまうと、おそらく、
前の親指ひゅんQ時代のスピードを、軽く超えそうです。
と、期待。


で、あと、DvorakJの活用法として、
無変換」を、活かしていくことにしました。


というのも、DvorakJには、この「無変換」を活用する設定が、
用意されているんです。

----------------------------------------------------------
設定画面の「複数キー」→「キーボードショートカット」→
「[無変換]+[文字]と[変換]+[文字]」をチェックし、
「.\data\shortcutkey\Ctrl.txt」を、選ぶ。
----------------------------------------------------------

「無変換(変換)」を押しながら、文字を押すと、
「無変換」が、Ctrlの変わりをしてくれるようになります。


これも、まだ、慣れていないけど、
慣れてくると、他のパソコンを使う時に、役立つかなと。


あと、DvorakJの設定で、「単一キー」で、
[全角/半角] → 「直接入力にする」
[無変換] → 「カタカナ/ひらがな」or(日本語入力にする)

という風にしました。
こうすると、日本語のON・OFFが、一方通行になっていいかなと。

「変換」の方は、文字の再変換を使う時があるので、そのままに。

あと、

「カタカナ/ひらがな」 → 「Delete」

こんな感じに、設定しましたね。

「無変換」の使い道が、大幅にリニューアルしました。


DvorakJの設定は、こんな感じですね。


DvorakJ、すごくいいです。

で、あと、いいな、と思ったのは、


USBで、持ち運べること。

他のPCでも、使えるのは、メリットが大きい。
今までの、親指ひゅんQや、やまぶきでも、使えたのですが、
PCの設定を「かな入力」に変更する必要があったわけです。
でも、DvorakJなら、ローマ字入力のままで、使えるのは大きい。

あと、

メニューや、右クリック時のショートカットキーも、
使えるのも、いい感じです。

最後は、

DvorakJの将来性です。

DvorakJは、頻繁に更新してくださってくれていて、
安心感があります。

親指ひゅんQをやめた理由に、配布休止があったからです。
OSが、進化していった時に使えなくなるのは、切ないですからね。


まぁ、今回、DvorakJと出会って、
かなり、グレードアップしました。
DvorakJ、最高です。


P.S.
DvorakJに、あえて、要望があるとしたら、
DvorakJのON・OFFと、再起動のキーを、設定できること。

あと、

Shiftを押して、英字(大文字)を入力した後、
引き続き、英字が入力できるといいかな。
Shift時に、直接入力にできる機能があるけど、
ATOKの変換候補にも、出てきて欲しいので。

でも、DvorakJを一時OFFすると、それができるので、
ON・OFFのキーが、設定できたら、いいのだけど。

まぁ、でも、贅沢な要望で、
今のままでも、十分すぎるくらいDvorakJは、ステキなソフトです。

DvorakJのダウンロードページ : Vector






PCの実践的なスキルを学ぶには?

入力方法を、Dvorakjに。


メニューへ


(C) RAB☆KOBAYASI TARO.com

PCサイトで表示

QLOOKアクセス解析